新作能「媽祖」ー劇場版ー プレトーク
片山九郎右衛門×玉岡かおる×やなぎみわ

  • 小ホール
  • トークショー・講演会

2023年1月15日(日)に開催する「新作能『媽祖』ー劇場版ー」のプレ企画として、同作の発起人である企画・演出・出演の片山九郎右衛門さん(能楽師)、原作者・玉岡かおるさん(小説家)が登場。さらに、本作の主人公“媽祖”信仰が根付く「台湾」の文化にも精通されている、やなぎみわさん(美術作家・舞台演出家)をお迎えし、1月の公演を多角的にお楽しみいただけるトークをお届けします。

日時 2022年11月1日(火)
18:30~20:00 ( 18:00 開場)
会場 小ホール
料金
【全席自由】
1,000円

※車いす/車いす補助席、難聴者支援装置あり。三の丸ホールへ要問合せ。
チケット販売
〈三の丸ホール窓口/WEBで販売〉
WEB(24時間受付・予約開始日は10:00~)
窓口(10:00~20:00/第1・3月曜、12/29~1/3休)
出演 片山九郎右衛門(観世流能楽師シテ方/新作能『媽祖』企画・演出・出演)
玉岡かおる(小説家/新作能『媽祖』原作)
やなぎみわ(美術作家・舞台演出家)
年齢制限
ほか留意事項
※車いす/車いす補助席、難聴者支援装置あり。三の丸ホールへ要問合せ。
主催 / 問い合わせ先 市民ホール文化事業実行委員会 / 0465‐20‐4152(9:00~20:00 小田原三の丸ホール)※第1・3月曜休館、祝日の場合は翌平日がお休み

2022年9月17日(土)10:00~ WEB・窓口予約開始!

©︎tsuranari.com

9/17(土)10:00〜 WEB先行予約開始!
10/1(土)10:00〜 窓口販売開始!
新作能「媽祖」ー劇場版ー
https://ooo-hall.jp/event/20230115.html
日時:2023年1月15日(日)14:00開演(13:00開場)
会場:小田原三の丸ホール 大ホール
企画・演出・出演:片山九郎右衛門
出演:野村萬斎 ほか
原作:玉岡かおる
特別協力:杉本博司

片山 九郎右衛門 かたやま・くろうえもん (新作能『媽祖』企画・演出・出演)

観世流能楽師シテ方。1964年片山幽雪(九世片山九郎右衛門・人間国宝)の長男として京都に生まれる。祖母は京舞井上流四世家元井上八千代(人間国宝)、姉は五世家元井上八千代(人間国宝)。父及び八世観世銕之亟(人間国宝)に師事。片山定期能楽会を主宰。全国各地で多数の公演に出演する他、ヨーロッパ、アメリカでの海外公演も積極的に参加。また、学校へ出向いての能楽教室の開催、「能の絵本」の制作、能舞台のCG化など、若年層のための能楽の普及活動も手掛ける。 2011年に十世片山九郎右衛門を襲名。重要無形文化財(総合指定)保持者。京都府文化賞奨励賞、京都市芸術新人賞、文化庁芸術祭新人賞、日本伝統文化振興財団賞、京都府文化賞功労賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、観世寿夫記念法政大学能楽賞を受賞。 公益社団法人京都観世会会長、公益財団法人片山家能楽・京舞保存財団理事長。 【公式WEBサイト】https://www.arc.ritsumei.ac.jp/k-kanze/

玉岡かおる たまおか・かおる(新作能『媽祖』原作)

作家 大阪芸術大学教授
兵庫県三木市生まれ 神戸女学院大学卒業

15万部のベストセラーとなった神戸文学賞受賞作夢食い魚のブルー・グッドバイ』(新潮社)で‘89年 、文壇デビュー。
著書には『銀のみち一条』(新潮社)『負けんとき ヴォーリズ満喜子の種蒔く日々』(新潮社)『虹うどうべし 別所一族ご無念御留』(幻冬舎)などの歴史大河小説をはじめ、『ひこばえに咲く』(PHP研究所)『ウエディングドレス』(幻冬舎)ほかの現代小説、また『にっぽん聖地巡拝の旅』(大法輪閣)など紀行・エッセー集まで、年1冊のペースで多数出版中。

舞台化、TVドラマ化された『お家さん』(新潮社)で第25回織田作之助賞受賞。
最新刊は『姫君の賦 ~千姫流流~』(PHP研究所)で’21年12月オペラ化決定。
もっか『春いちばん ~賀川豊彦の妻ハルのはるかな旅路~』を月刊「家の光」に長期連載中。

兵庫県教育委員ほか大阪市博物館機構理事など、行政でも数々の委員・理事を歴任。
加古川市文化賞、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、大阪サクヤヒメ表彰特別賞をそれぞれ受賞。’20年兵庫県功労者表彰(県勢高揚)文部大臣表彰(地方教育行政)、’21年文部大臣表彰(地域文化振興)
2022年5月『帆神』で新田次郎文学賞受賞

【公式WEBサイト】http://tamaoka.info/

やなぎみわ(美術作家・舞台演出家)

1990年代半ばより女性をテーマにした写真シリーズを発表。
2009年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表。2011年より『1924 三部作』で舞台演出を始め、
2016年より台湾の舞台車による野外劇『日輪の翼』を全国巡演。
2021年には、台湾オペラ「アフロディーテ〜阿婆蘭〜」を衛武営国家芸術文化中心で作演出した。
【公式WEBサイト】http://www.yanagimiwa.net/
©︎沈昭良
230115媽祖チラシ

230115媽祖チラシ(2.9MB)

ページトップ