小松亮太 アルゼンチン・タンゴ・コンサート with 国府弘子

  • 大ホール
  • ピアノ・楽器
  • その他音楽
  • ダンス・パフォーマンス

小田原市民ホール『開館記念事業』

世界的バンドネオン奏者・小松亮太にしかできない
スペシャル・プログラムで、世界一周タンゴの旅へ!

世界的バンドネオン奏者である小松亮太と10名の重厚なタンゴ・アンサンブルに、
ジャズピアニスト・国府弘子をゲストに迎え、更に華麗なダンスも加わった、
音楽ファン必見の熱いステージ。

日時 2022年5月21日(土)
17:00 開演(16:00 開場)
会場 大ホール
出演 小松亮太(バンドネオン)
国府弘子(ピアノ)
Nana&Axel(ダンス)
タンゴ・アンサンブル
※一部メンバーが変更になる場合がございます。
料金 【全席指定席】
1階席:5,000円
2階席:4,000円
2階バルコニー席ペア券 :6,000円
U18(18歳以下):1,000円
子ども券:500円

セット券:10,000円
「小松亮太 アルゼンチン・タンゴ・コンサート with 国府弘子」の1階席チケットと「小田原ふるさと大使コンサート 林英哲」の1階席チケット(6,000円)をお得にご購入できます。
※枚数限定
主催 / 問い合わせ先
主催:小田原市・小田原市民ホール開館記念事業実行委員会
制作協力:エフ・スクエア
お問い合わせ:0465-20-4152

2022年2月上旬チケット発売予定

ⒸYUSUKE TAKAMURA

小松亮太(バンドネオン)

1973年 東京 足立区出身。
高校時代より才能を発揮し、伝統的歌手である藤沢嵐子の91年のラスト・ステージではバンドネオン・ソロで伴奏を担当。
98年のCDデビューを果たして以来、カーネギーホールやアルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。

アルバムはソニーミュージックより20枚以上を制作。「ライブ・イン・TOKYO~2002」がアルゼンチンで高く評価され、03年にはアルゼンチン音楽家組合(ADDI)、ブエノスアイレス市音楽文化管理局から表彰された。15年にリリースした大貫妙子との共同名義アルバム『Tint』は、第57回輝く!日本レコード大賞」「優秀アルバム賞」を受賞。

タンゴ界にとどまらず、ソニーのコンピレーション・アルバム『image』と、同ライブツアー「live image」には初回から参加。作曲活動も旺盛で、フジテレビ系アニメ『モノノ怪』OP曲「下弦の月」、TBS系列『THE 世界遺産』OP曲「風の詩」、映画「グスコーブドリーの伝記」(ワーナーブラザーズ配給・手塚プロダクション制作)、「体脂肪計タニタの社員食堂」(角川映画)、NHKドラマ「ご縁ハンター」のサウンドトラックなど多数を手掛けている。
小松亮太オフィシャルサイト
ⒸYUSUKE TAKAMURA

国府弘子(ピアノ)

ピアニスト・作曲家・編曲家
国立音楽大学ピアノ科を卒業後、単身渡英。帰国後1987年デビュー。自己のトリオやソロコンサート、またオーケストラとの競演まで幅広い活動で人気の”ピアノの界のスーパーレディ”。川崎市市民文化大使、入間市文化創造施設アドバイザー、平成音楽大学・尚美学園大学客員教授。2019年秋に川崎市文化賞を受賞。音色の贅を極めたソロアルバム「ピアノ一丁!」、岩崎宏美×国府弘子のデュオ作品「ピアノ・ソングス」に続き、最新作の「ピアノ・パーティ」は結成25年の鉄壁のトリオでの〝あうんの呼吸″を堪能できる。
国府弘子オフィシャルサイト

NANA&Axel(ダンサー)

NANA(高野菜々)
愛知県名古屋市にて8歳からクラシックバレエを学ぶ。
2018年にはアルゼンチン・ブエノスアイレスに短期留学。アルゼンチンタンゴ世界選手権ピスタ部門にdrian Coriaと出場した他、現地ダンサーとともにPlaza Dorregoでの野外パフォーマンスや、老舗タンゴカフェ"El Grand Cafe Tortoni"のタンゴショーに出演を果たす。日本アルゼンチンタンゴ連盟(FJTA)認定講師。

Axel(アクセル新垣)
ダンサーの母の元、13歳よりダンスをはじめる。2016年アルゼンチンタンゴ世界選手権でファイナリスト(7位)となり、2017年遂に優勝を果たし世界チャンピオンとなる。その後、民主音楽協会の主催する民音タンゴシリーズ「ドラマチックタンゴ」でファビオ・ハーゲル楽団と共に日本全国ツアーに参加。最近は、アジア各国やヨーロッパにも活躍の場を広げている。

タンゴ・アンサンブル

北村 聡(バンドネオン)*、近藤久美子*、専光秀紀(ヴァイオリン)、
吉田有紀子(ヴィオラ)、松本卓以(チェロ)*、桜井芳樹(ギター)
熊田 洋(ピアノ)、田中伸司(コントラバス)*、
小林照未、竹本一匹(パーカッション)
* 撮影:Motoki Uemura
 

ページトップ